会長挨拶

 令和元年5月26日に開催された秋田県ダンススポーツ連盟の定期総会において会長に選出されました三浦耕太郎と申します。 組織運営に当たっては至らない点が多々あると思いますが, 理事,運営委員の皆様のご協力をいただきながら連盟の発展に努めたいと思います。
 時代の変化とともにダンス環境も変化しております。 その昔,北東北3県においてダンス先進県であった秋田県も現在は少子高齢化の先進県ともいわれ, 秋田県連盟の活動もその時代時代に合った変化を求められています。
 ダンスをする目的は世代や個人で異なると思いますが,全世代で楽しめる機会を作ることが連盟の役割だと思います。 社交ダンスは難しい,お金がかかる,パートナーが必要…と三重苦を背負っていますが,JDSF会員になることでそれらの障害を克服できるというメリットがあります。 また仲間も増えます。そういうことを大いに生かし普及を図っていきたいと思います。
 どうぞ皆様の温かいご理解とご協力をお願いいたします。